サービス

資材調達・購買支出分析

支出データを調達品目単位でカテゴリ分類し支出構造を
可視化することで、お客様における調達特性・課題を明らかにします

分析においては、これまでに弊社で培った調達ノウハウや独自のカテゴリ区分を元に、お客様の調達状況に合致したカテゴリ区分を再定義し、お客様におけるカテゴリマネジメントの実現を支援します。
コスト効率化に向けたソーシング戦略立案にとどまらず、調達におけるコンプライアンス強化対応や業務効率化対応など、調達プロセスの改善に向けた基礎情報としても活用可能なアウトプットを提供します。

支出詳細分析の実行プロセス

各データソースにおける統一カテゴリ設定を元にした分析に向けて、以下の進め方をご提案します。
支出詳細分析の実行プロセス

01パレート分析・調達カテゴリ管理表

カテゴリ別に現状の調達状況を可視化し管理表にて一覧化します
パレート分析・調達カテゴリ管理表

02マトリクス分析

方針検討に向けて支出構造の分析を行い、それぞれのカテゴリ特性・調達特性を踏まえたカテゴリ全体のマネジメント方針を検討します
マトリクス分析

03カテゴリ別ソーシングシナリオ

主要カテゴリについて、コストダウンアプローチを整理しソーシングシナリオを立案します
カテゴリ別ソーシングシナリオ

Consultant Insight・・・ コンサルタントの見解

間接材は利用者、品目とも多岐にわたるため情報が分散しがちであり、多くの企業では可視化すらできておらず、十分マネジメントができていない領域となっています。そのためコスト効率化のみならず、コンプライアンス対応においても課題が顕在化されず、リスクを内包させやすい領域であると言えます。

一方、間接材は様々な企業が同じようなカテゴリで調達しており、サプライヤも数多く存在するため、適切にマネジメントすることにより、コスト効率化に向けて比較的早期に効果を獲得できる領域であるといえます。また、プロセス改善とともに仕組化を図り、適切にユーザマネジメントすることで全社的なコンプライアンス強化にも繋げることが可能です。

支出分析は調達改革における最初のアプローチであり、今後の改革に向けた指針となるものです。HIPUSでは、様々な企業で培ったノウハウを用い、独自の分析軸を活用し調達状況を可視化・診断し、お客様における最適な調達戦略立案を支援します。

コンサルタント一覧

資材調達・購買支出分析に関する

お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム