Spend Forward スペンドフォワード Spend Forward スペンドフォワード

調達力のレベルアップを叶える
支出データ可視化・
分析ツール
調達コスト削減/支出の可視化/支出統制 コンプライアンス強化
調達コスト削減/支出の可視化/支出統制 コンプライアンス強化
御社に最適な運用タイプが選べます
オンプレミス型/クラウド型 オンプレミス型/クラウド型 お問い合わせする
Spend Forward(スペンドフォワード)とは?
調達データを一元管理
支出に関する課題を把握し、
コスト最適化をスピード改善

混沌とした企業の調達全体を俯瞰し、正しい方向へ導く調達
データの分析・可視化ツール。
グローバル最前線の調達ノウハウが凝縮。高い分析力と改善力
を社内で再現。

Spend Forward(スペンドフォワード)とは?画面1
Spend Forward(スペンドフォワード)とは?画面2
Spend Forward(スペンドフォワード)とは?画面3
Spend Forward(スペンドフォワード)とは?画面4
Spend Forward(スペンドフォワード)とは?画面5
PC
Spend Forward
  1. 会社全体の調達データを可視化
    会社全体の調達データを可視化
    HIPUS独自の品目カテゴリ分類に基づき、何を、いつ、だれが、どこから購入しているかをわかりやすく可視化。調達システムの種類・数の制限なく取込可能なため、会社全体の調達状況が把握しやすくなります。
  2. コスト削減すべきカテゴリがわかる
    コスト削減すべきカテゴリがわかる
    HIPUSのコンサルタントが長年蓄積した分析ノウハウを基に、調達コスト全体を分析し、削減すべきカテゴリをピックアップ。ツールに凝縮された弊社の分析力を御社でも活用していただくことで、コスト削減を効果的に行えます。
  3. ガバナンス・コンプライアンス強化にも最適
    ガバナンス・コンプライアンス強化にも最適
    HIPUSの調達ナレッジを注ぎ込んだ分析機能が充実。見えにくい不正リスクを見える化することで、ガバナンス強化やコンプライアンス上のリスクマネジメントにも効果があります。
Solution of Sourcing
解決可能な調達課題
Spend Forwardが解決する
調達課題

Spend Forwardは、グローバル調達ソリューション企業であるHIPUSが、現在の調達状況を可視化し、未来を見通すために開発した調達専門の分析・可視化ツール。さまざまな調達課題解決に貢献し、グローバル競争力の強化を支援します。

CASE1
CASE1
調達(支出)全体を
可視化できない
調達部門や調達品目、サプライヤーが多岐にわたり購入方法も統一されていないなど、わかりにくい会社全体の調達状況を可視化します。全社の調達状況等、情報が一元的に管理されることで、部署ごとやカテゴリごとに把握したい場合もスムーズに確認できます。
CASE2
CASE2
調達コストを
削減したい
調達コストの高止まりの要因として、調達方法が社内で統一化されない事やグローバルでのサプライヤ環境の変化などが挙げられます。調達コストの削減に必要な、調達全体の可視化を行い、HIPUS独自の品目カテゴリに基づき、期待削減率の高い品目カテゴリを明確化。効率的かつ効果的な調達コスト削減の実現に貢献します。
CASE3
CASE3
コンプライアンス上の
リスクを解消したい
社内で調達方法が統一されず、どのような調達が行われているか可視化もできないことでコンプライアンス上のリスクが生じます。
SpendForwardで、システム別・カテゴリ別・部門別の調達状況を可視化することにより、イレギュラーな調達方法や不正の検知に役立ちます。
>
CASE
1
3
>
Spend Forward導入で得られる効果
  1. 支出の可視化
    • 品目カテゴリ別支出額
    • 品目カテゴリ別サプライヤ分布
    • 品目カテゴリ別部門別分布
    • 調達システム利用率
  2. 調達コスト削減
    • コスト削減のポテンシャル試算
    • コスト削減ターゲットの選定
    • コスト削減アプローチの提案
  3. 支出統制・コンプライアンス強化
    • 部門別調達システム利用促進
    • 支出統制の促進
    • サプライヤ集約の推進
Feature
サービスの特徴
調達コンサルタントの
分析ノウハウを反映
支出データ分析
データクレンジング
データクレンジング
カタログシステム、調達システム、会計システム等
様々なシステムを通じて支出される品目を一元管理できるようマスターデータを作成
カテゴリ区分設定
カテゴリ区分設定
データを確認し、HIPUSにて購買品目のカテゴリーを付与
カテゴリ別データ分析
カテゴリ別データ分析
カテゴリごとの購買状況、
カテゴリごとの特性を整理し可視化
毎月御社の支出データを預かり、HIPUSが蓄積した調達ノウハウや独自のカテゴリ区分をもとに、データクレンジングを実施。カテゴリごとに調達品目を分類し、全体の支出構造を可視化します。
ここで行われる独自のカテゴリ分類は、各調達品目のサプライヤ業界構造に基づいて考案されているため、さまざまな施策の実行やサプライヤー管理業務などをスムーズかつ効果的に行えるようになります。
コスト削減施策立案
コスト削減余地試算
コスト削減
余地試算
コスト削減機会と
期待削減効果を試算
(仮説)
集約方針立案
集約方針
立案
分散状況を可視化し
集約方針立案に向けた
分析を実施
ターゲットカテゴリ(仮説)設定
ターゲット
カテゴリ
(仮説)設定
カテゴリごとのコスト削減シナリオ策定
カテゴリごとの
コスト削減
シナリオ策定
過去の様々な企業に対するコスト削減支援の実績を元に蓄積されたノウハウを、ツールに凝縮。
経験豊富なコンサルタントの高い分析力を御社でも再現可能です。
全社の調達状況がリアルタイムで可視化できるだけでなく、コスト削減可能なカテゴリ・部門や期待削減率なども明らかになります。実際のコスト削減の支援や、調達BPOを活用した購買改革推進のご提案も可能です。
独自考案した
間接材品目
のカテゴリ分類
  • 広告・販促
    広告・販促
  • 印刷物
    印刷物
  • ビルメンテナンス
    ビル
    メンテナンス
  • 工事
    工事
  • オフィスサプライ
    オフィス
    サプライ
  • IT・通信
    IT・通信
  • 物流費
    物流費
  • 地代家賃
    地代家賃
  • ・・・etc
分散し、複雑化したサプライヤー管理、効果的なコスト削減の実現など、調達のあらゆる課題を効率的に解決する一助となるのが、独自考案した間接材品目のカテゴリ分類です。
さまざまな調達領域で実務経験を積んだコンサルタントが導き出したカテゴリ分類を用いることにより、より有用性が高く、実現可能性の高いコスト削減プランを検討することが可能です。
多数の調達コスト削減
実績
多数の調達コスト削減実績
HIPUSは、これまでの多数のコスト削減を実施しそのノウハウを蓄積してきました。
Spend Forwardは、それらのノウハウを再現可能にする調達専門のデータ分析・可視化支援ツールです。単なる分析や可視化を行うツールとして活用するだけでなく、将来的な調達戦略や組織改革などの未来を見越したデータ資産を構築していけます。
データ分析と運用を
調達スペシャリストが
継続支援
多数の調達コスト削減実績
ツール導入後にその効果を得るには、継続的運用が不可欠です。
しかしながら、膨大な調達データのメンテナンス(クレンジング・カテゴリ付与)に負担が生じ、ツールを導入したが継続運用されない、という課題を抱えるお客様が多くいます。
その点Spend Forwardでは、常に最新データで把握できるよう、データのクレンジングを含めて運用支援とセットで導入いただくことが可能です。
調達スペシャリストの
分析力を、御社でも
調達業務改革/DX推進
Consulting & Solution Manager
宇根 慎吾
企業の間接費・経費支出は、購入元や通過するシステムが多岐にわたるという性質上、全容の把握が困難です。コスト削減を進めるにしても、何から進めるべきかがわからないといった課題を抱えている企業が少なくありません。それだけでなく、調達プロセスがブラックボックス化されており、不正の温床となり得るリスクがあることから、統制をかけてコンプライアンスを担保する必要もあります。
そんな解決すべき課題が山積みの調達部門にとって、解決の一手となるのがSpend Forwardです。
Spend Forwardは、システムの数や種類の制限なくデータを取り込むことができ、企業のキャッシュアウトを統合的に可視化します。また、これまでの多数のコスト削減の経験に基づいたカテゴリ分類・分析シナリオにより、単なる現状の可視化にとどまらず、コスト削減、ガバナンス・コンプライアンス強化の観点で、取るべきアクションや意思決定のための示唆を提供することも可能です。変革の最初から最後まで伴走型でご支援できる弊社の経験やノウハウを惜しみなくご提供いたします。
お問い合わせする
Service
Flow
サービス利用の流れ
  1. STEP1
    お問い合わせ
  2. STEP2
    デモ紹介
  3. STEP3
    運用開始
  4. STEP4
    改善提案
Question & Answer
Spend Forwardについて
よくあるご質問
Spend Forward運用のために専任者を置く必要がありますか?
その必要はありません。
データ分析のための入力や設定などのオペレーションや運用は、弊社で行います。
支出の推移を可視化できますか?
はい、可能です。
過去に遡ってデータを閲覧していただけますので、カテゴリ別の支出状況の推移や、サプライヤ数の推移などを可視化することが可能です。
調達システムを通していない支出も分析可能ですか?
はい、可能です。
調達システムのほか、経費精算のシステムや請求書払いのシステムのデータもすべて一元管理できる仕組みですので、調達方法に限らずすべて可視化することが可能です。
複数のシステムにおける管理データを統合できますか?
はい、可能です。
単一システムに付帯している分析ツールとは違い、複数のシステムに存在するデータを一元管理することが可能です。
Inquiry Form
お問い合わせフォーム