サービス

調達BI(Business Intelligence)

『データを活用するためには』といった業務・運用面の検討に至るまで、
様々な支援を行っていきます

HIPUSのデータ分析ソリューションでは、これまで培った調達分析ノウハウをもとに、お客様のニーズや保有されているデータに合わせBI要件の整理から要件定義を経て分析・可視化ダッシュボードを構築いたします。
データ分析、可視化を行うことで業務の標準化・効率化・コスト削減を実現し、より付加価値の高い業務に注力していただけるようご支援いたします。

分析事例

分類 分析
レポート
内容
教育 スキルアセスメント 社員の人員構成・調達スキルレベル・業務プロセス従事率を可視化・分析
間接材・経費管理 間接材カタログ実績分析
(コンプライアンス・不正検知)
間接材カタログと購入実績や機会損失、不正アラートなどの分析
カテゴリマネジメント カテゴリ毎の支出分析 カテゴリ・コモディティ毎実績金額、原低額を可視化

01スキルアセスメント

業務の標準化・効率化・高度化に向けた仕組みを効果的に連動させる為に、アセスメント(調達スキル・ロールの可視化)を実施し、可視化・分析を行います。
スキルアセスメント 事例1

02間接材カタログ実績分析
(コンプライアンス・不正検知)

購入実績や機械損失の可視化、不正な購入を検知する目的としたダッシュボードをご用意し、間接材コスト削減(支出抑制)やコンプライアンス強化にご活用いただいております。
スキルアセスメント 事例2

Consultant Insight・・・ コンサルタントの見解

多くの企業では、大量のデータを保有されているが可視化やデータ活用ができていないことが多く、またどこから手をつけていいのかという問題を抱えております。

先ずは現状の問題点の洗い出しを行い、分析視点や活用方法の検討を進めながらBI要件を整理し、分析に必要なデータが揃っているか等の確認を進めながら、BI活用シーンに沿ったダッシュボード画面の構築をご支援いたします。

『データを活用するためには』といった業務・運用面の検討に至るまで、様々な支援を行っていきます。

コンサルタント一覧

調達BI(Business Intelligence)に関する

お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム